電車やバスの中で漏れたらどうしよう、ナプキンや失禁ショーツが手放せない、薬を飲み続けているけど、効果が出ないと困っていませんか?恥ずかしくて家族にも相談できずに一人で悩んでいるあなたへ、病院に行かなくても自分で改善できる方法があります。はなまるマーケットやスッキリで紹介された関口由紀先生の自分でできる排尿トラブル総合プログラム


あさイチやスッキリ!など他にも多数テレビに出演し、
多数の雑誌で注目されている
女性泌尿器科医 関口由紀先生の
【自分でできる排尿トラブル総合プログラム】を紹介します。

あさイチで放送された、
フランス式の骨盤底筋トレーングがこの教材には、含まれています。


もしも、あなたが
「尿漏れをなんとしても治したい」
「トイレの回数を早く減らしたい」
と思っておられるなら、ぜひ、このサイトをお読みください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
尿漏れ・尿失禁・頻尿のあなたは、

「お医者さんに通って、自分に合っている薬のはずが、症状が変化しない」 

「尿漏れで、病院に行くのが恥ずかしい」

「咳やくしゃみで漏れるから、生理用ナプキンで防止している」

「なぜか、お水の音が聞こえるとトイレに行きたくなる」

「トイレに行くまでに、我慢ができずに漏らしてしまう」

「年々、尿漏れの回数が増えている」

「尿漏れを防止する体操をしていても、症状が良くならない」

「水分を飲まないようにしていても、トイレの回数が多い」


と、悩んでいませんか?

●相談したくても、家族に言うのも恥ずかしいし
●尿漏れぐらいで医者に行くのも気が進まないし

と、何とか色々な尿漏れを対処するグッズや体操などを、
一人で何とかしたいという想いで試されてきたと思います。
そんなあなたに、

「自分でできる排尿トラブル総合プログラム」は、一生懸命に治そうとなりすぎず、肩の力を抜いて頑張らずにできる解決法です。


その改善する方法とは、


「ながらトレーニング」で、1日5分間を3回(例えば毎食後、歯磨きをしながら5分間運動をするという感じ)行うだけで、早い方なら2~3週で効果を感じ始めるとても簡単な尿漏れ解決法なのです。


その他にも、「食事による改善法」や「薬や体操でも改善できない頻尿」を治す方法、
「再発しないための予防法」までお伝えします。

まずは、関口先生の排尿トラブル改善法を実践し、膀胱の過剰な働きや、
悩みから解放された方々の感動のお声をご覧下さい。




トイレのことを気にせずに外出できるようになりました

     佐賀県 M様 30代
     尚、御本人様の意向とプライバシイ保護の観点から写真はモザイクで
     公開させて頂きます


     実践者の声

   実践者の声

               ※病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。



   自分の抱える問題の原因がどこにあるのかが
   理解できました

     東京都 M.S. 50代
     尚、御本人様の意向とプライバシイ保護の観点から写真はモザイクで
     公開させて頂きます



     実践者の声


   「自分でできる排尿トラブル克服(総合)プログラム」、多忙につきDVDはエクササイズの前までしか見ていませんが、見たところまでで出来ることを

               ※病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。



方法も簡単でしたが、2日目くらいから効果が出てきた
ので、嬉しくって続けられました

     愛知県 K様 50代前半
     尚、御本人様の意向とプライバシイ保護の観点から写真はモザイクで
     公開させて頂きます


     実践者の声

   お喜びの声

               ※病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。



こんにちは、岡田 由枝と申します。

私は、理学療法士で排尿トラブルで悩んでいる方が、
自宅で改善出来る方法を伝える活動を行っています。

実は、私は30代で尿漏れだったんです・・
母の歳なら、「トイレが近い」「軽い尿漏れがある」などの症状があってもおかしくないと当時は思ってたんですが、
まさか、30代の私が尿漏れするなんて思ってもいませんでした。



さらに、生理用ナプキンを、失禁防止に使っている私なんて,
想像できませんでした。


2児の母なんですが、産後から尿漏れに悩まされ、
毎日生理用ナプキンをしていないと心配で心配で、
外出するのはとてもおっくうでした。


特に、2人目の出産後からは、尿漏れの回数が多く、
くしゃみや咳はもちろん、子供を追いかけて
小走りする程度でも漏れていました。

最初は、産後だから漏れやすいって言うし、
仕方がないかなと思っていましたが、
1週間に1回程度の漏れが1週間に3日、4日・・・と
徐々に増えていることにだんだん不安になってきました。

そんな時、とても有効なトレーニング法があると知りました。

このトレーニングを生活の中に”ながら運動”として取り入れてから
1か月後には、ほとんど漏れるかもという不安がなくなり、
ナプキンも使わずに過ごせるようになりました。

うれしいことに、不安だったバス旅行に行くなど、
活動的な毎日を過ごせるようになりました。


そんな時、私は以前から尿漏れから解放された喜びをブログに書いたのですが、
それが雑誌「からだにいいこと」に載ったのです。

      紹介

その雑誌は、「尿漏れ・頻尿・便秘の解消に良い骨盤底筋トレーニング」
という特集を組んでいて、私の改善した方法が紹介されたのですが、
さらにその改善法について、専門の先生から見た意見を、
関口先生が読者に向けてアドバイスをしていただきました。

とてもわかりやすかったと、好評でした。

あるとき、偶然テレビで尿漏れで悩んでいる方が多いのだと
いうことを知りました。

これをきっかけに、私が尿漏れから解放され、
こうして快適な生活を送れるようになった方法を、
尿トラブルで悩まれている方にお伝えできないかと
考えるようになったのです。

この書籍のご縁もあり、関口先生とも 交流が出来たことで、
私のトレーニング法ではなく、
「実際に関口先生の病院でおこなわれている
排尿トラブル総合プログラム」を
著書だけでなく、映像も含めて広めてほしいとお願いし、
快く承諾していただきました。



今年に入ってから、テレビの取材も多くなった関口先生は、
さらに活動の範囲を広げ、尿トラブルで悩まれている方への
解決法を広げておられます。


まずは関口由紀先生からメッセージを頂いていますので、お読みください。
関口由紀医師

 はじめまして。
 関口 由紀(せきぐち ゆき) です。

 私は20年以上にわたり、泌尿器科医、日本東洋医学会
 専門医として多くの方から心の悩みを聴き、研究と実践
 を行ってまいりました。

 神奈川県の横浜市立大学医学部付属病院等での勤務を経
 て、現在、横浜元町で女性医療クリニックLUNAを開業し、
 尿漏れでお悩みの方が、大勢相談に来られています。

 医師の診察と並行して、全国では教えられる人が少ない
 『骨盤底筋トレーニング』を、専門の骨盤底トレーニングセンターとして
 設立し、多くの方に改善の成果を実感していただいています。

 (骨盤底筋とは・・・文字通り骨盤の底部にある筋肉のことで、骨盤底部に
 いくつもの筋肉が集まって広がっていることから骨盤底筋群とも呼ばれてい
 ます)


 自分のセンターだけなら、来てもらう人しか貢献できません。
 今回、The Next Steps 岡田様より、20年の集大成を冊子とDVDとして
 まとめることで、日本中の悩める人達に貢献できるという強い理念、
 誠意に共感し、私が自身のクリニックで行っている排尿トラブル改善プロ
 グラムをお任せすることになりました。


                   横浜元町医療法人LEADING GIRLS
                      女性医療クリニックLUNA
                        理事長 泌尿器科医
                      実践者の声



ご存知かもしれませんが、関口先生は排尿トラブルの解消の一人者として、
著書も多く出され、テレビ・雑誌等に多くの取材を受けています。
著書

頻尿



テレビ出演歴

頻尿


  ★2014 テレビ出演歴

  ○フジテレビ 驚額!マネースクープ

  ○NHK総合『ゆうどきネットワーク』

  ○テレビ朝日『ワイド!スクランブル』

  ★2013年 テレビ出演歴

  ○TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食~健康広場~」

  ○BS朝日 『医療の現場』

  ○BS 『ジョブ・チューン』

  ○TBS 『はなまるマーケット』

  ○テレビ朝日 『ワイド!スクランブル』

  ○TOKYO MX『ハーフタイム』

  ★2012年 テレビ出演歴

  ○はなまるマーケット

  ○スッキリ!!

  ○レディス4(同クリニック医師が、骨盤底筋トレーニングを紹介)



雑誌等掲載歴

頻尿


略歴
1989年 山形大学医学部卒業。横浜市民病院臨床研修医を経て、
1991年 横浜市立大学医学部泌尿器科助手。
     その後横浜南共済病院、横浜市立港湾病院、
横浜市立市民総合医療センター勤務を経て、
2007年 横浜市立大学大学院医学部泌尿器病態学修了、客員准教授となる。
2009年 日本大学大学院グローバルビジネス研究科(MBA)修了
     現在、横浜市立大学医学部付属病院で、女性泌尿器科外来を担当。
漢方に関しては、1994年より漢方の大家、丁宗鉄先生に師事し研鑽を行う。
2000年4月 日本東洋医学会専門医取得。
2004年4月 日本東洋医学会指導医認定。
2005年4月 横浜元町女性医療クリニック・LUNAを開設。
2007年3月 医療法人 LEADING GIRLSとして、新たなる出発。
2008年6月 婦人科を分院し、女性医療クリニックLUNA・ANNEXを開設。
2009年5月 骨盤底トレーニングンターとして、併設していたLUNA治療院を拡大。
2012年6月 骨盤底トレーニングセンターは、新たにLUNA骨盤底トータルサポートクリニックとして、クリニック化されました。




現在、女性医療クリニックLUNAにて
医療的相談・診断だけでなく、同じビルに併設された
LUNA骨盤底トータルサポートクリニックにて、
尿漏れ解消に向けての具体的トレーニングをする場所を提供されています

トイレが近い

女性医療クリニックLUNAの活動


  トイレが近い
 横浜元町女性医療クリニックLUNA
 理事長  関口由紀 医師
  充分な睡眠と、
 ●バランスのよい食事
 ●週に1回有酸素運動
 ●週に2回腹筋・背筋
 ●毎日骨盤底筋トレーニング
 が、アンチエイジングの基本です。

  トイレが近い
 LUNA骨盤底トータルサポート
      クリニック
  理学療法士・排泄機能指導士
      重田 美和
 毎日私たちのクリニックには排尿
 の問題で人知れず悩む女性がたく
 さんおみえになります。
 同じように悩みながらもクリニッ
 クにお越しになれない皆さまの手
 助けになれればという想いでこの
 教材作成に携わりました.
 どうぞ,笑顔を取り戻すために
 一緒に取り組んでまいりましょう!

 



   トイレが近い
   正看護師・骨盤底トレーナー
      増田 洋子
  排尿に関して、女性は人に相談が
  できない。泌尿器科にかかる勇気
  がない。
  でも、何か改善する方法があるの
  ではないか?とお考えの方が多い
  と思います。
  または、泌尿器科にかかっても良
  くならない。
  なぜ? とお考えの方もいらっしゃ
  るかもしれません。
  正常な排尿の仕方や注意した方が
  良い食事のとり方、または冷えに
  対する対処法をまず知っていただ
  き、排尿で困っている女性の皆様
  の症状が改善され、快適に生活が
  できるようになってくれればと思
  います。

  トイレが近い
     鍼灸マッサージ師
  柔道整復師・排泄機能指導士
      関口 麻紀
 関口麻紀先生は、関口由紀先生の
 妹さんで、同クリニックで鍼灸師
 として東洋医学で多くの泌尿器の
 悩みを解決されています。
 今回、このテキストとDVDで東洋
 医学での改善法を教えていただき
 ました。

 LUNA骨盤底トータルサポートク
 リニックにて実施している
 お灸療法が非常に効果があるので、
 特に特典としてお付けしています。
 内容は、尿トラブルに有効とされて
 いるツボを解説していますので、
 正しいツボを覚えていただき、
 快適な生活を送れるよう
 応援をさせていただきます。



もしかして、こんな間違いをしていませんか?


尿漏れ予防に、生理用ナプキンを毎日つけている。飲む量をへらして、トイレの回数を減らそうとしている。漏れるのが怖いので、1回のトイレで膀胱を空っぽになるまで、頑張って出し切ろうとしてる。トイレのたびに、おしっこを止める練習をしている。尿漏れ防止のために、腹筋を鍛えている


 もしそうなら、あなたは間違った予防法を続けていることになります。
 それは、間違いなんです。


「不安だから、とにかく早めにトイレに行っておく・・・」
と、神経質になりすぎていませんか?

           おしっこが近い(過活動膀胱)・尿漏れ(尿失禁)改善対策


尿もれ・過活動膀胱・過活動膀胱 改善 方法

もう少し具体的に説明していきます。

子供のころお出かけするときに、「早めにトイレに行っておきなさい!」と
言われた経験はありますよね。


それは、途中に親がトイレに連れて行けないからです。


普段、早めにトイレに行きなさいと、
親からも学校の先生からも教えられてきたのですから、
早め早めにトイレに行くのはある意味、習慣になるのは当然のことです。


多くの患者さんが早めにトイレに行こうとしておられますが、 頻繁に行けばいくほど、悪循環になります。


なぜなら、早めにトイレに行く習慣が付くと・・・

チェック しっかりとおしっこを出しておこうと、踏ん張っておしっこを出す
クセがつき、筋肉を弱めてしまう

チェック 膀胱に少ししか溜まっていないにも関わらず、トイレに行きなさいと脳の命令が働いてしまい、トイレの回数が増える
チェック 膀胱に尿をためる力が衰えていく
など、悪循環を引き起こすのです。

尿もれ・過活動膀胱・過活動膀胱 改善 方法

体の中の水分量が減ると・・・

チェック 脱水を起こす危険がある
チェック 膀胱炎になりやすい
チェック 血液がドロドロになりやすいので、高血圧・脳卒中・血栓など血管の病気
  になりやすい

など、尿のトラブル以外の症状を起こす危険もあります。


「トイレに行きすぎない方がいい!」「水分を飲まなさすぎも良くない!」

こんなことは、信じられないでしょうが、時には逆の発想をすることも大事なのです。

多くの人は勘違いをしていて、
「トイレの回数が多いのは体質だ」という発想になってしまっているのです。


そうではないということを、あなたにもご理解いただきたいと思います。

トイレに行き過ぎずに、膀胱の働きを正常に戻し、
それに必要な筋肉を鍛えることと、膀胱のストレスを取り除くことが大事なのです。

近年、インターネットで無料提供されている骨盤底筋体操や、対処法で、
尿漏れを回復させようとしても、「なかなか効果が現れない」、
「まったく効果が現れない」「続けることができない」、
といったこともよく耳にしています。


そういった対処法自体は正しくても、
その途中に見落とした部分があります。

その、見落とした部分とはなんでしょうか?

一例ですが、
肛門を締める体操を続けているけれど、全然症状が変わらないという方は、
本当に肛門を締める体操だけでよいのでしょうか。
ここが、症状が変化しない、続けられないという見落とした部分です。

では、どうすればよいのかといいますと・・・

   おしっこが近い(過活動膀胱)・尿漏れ(尿失禁)改善対策

ということです。

これが今まで一般的に多く語られてきた尿トラブル解消法の見落としてきた大事な点です。

実は、6つの症状のタイプがあります。

あなたの尿漏れのタイプはどれ?

頻尿・夜間頻尿・尿意切迫感・切迫性尿失禁・腹圧性尿失禁・混合性尿失禁



この6つのタイプがある中で、一番悩みが強くて
生活を脅かすものがあります!!



それは、過活動膀胱という病気です!



文字通り、膀胱が活動しすぎて、具合が悪くなるということで、自分の意思と関係なく膀胱が勝手に運動してしまい、尿漏れや頻尿を引き起こす病気です。

国内の40歳以上の、
800万人以上の方が悩んでいると言われています。



過活動膀胱は、今すぐ命にかかわるような怖い病気ではありませんが、日常生活の中でとても困るものです。

年齢も年齢だし、仕方ないことだとか、だれかに相談するのは恥ずかしいしと、ひとりで悩みを抱え込んでいる人が大勢いらっしゃいます。

過活動膀胱は、下記の症状が多くみられます。

過活動膀胱のタイプは、「尿意切迫感」と「切迫性尿失禁」です。

過活動膀胱は「尿意切迫感」があり、しばしば「頻尿」を伴い、ときに「切迫性尿失禁(我慢できずに漏れてしまう)」をきたす病気です。


過活動膀胱かどうかがわかるセルフチェックをまず行ってみてください。


過活動膀胱が原因かも


   1つでも当てはまるものがあるならば、
   あなたは過活動膀胱の可能性があります。





過活動膀胱になると・・・


チェック 頻尿や尿失禁を怖れるあまり、行動する1日の範囲が極端に
  狭くなる傾向があります。


チェック 仕事や家事がおろそかになったり、
  人との付き合いや外出がおっくうになりやすくなり、
  ふさぎがちになる可能性が高いです。


チェック 配偶者を始めとする家族にも影響を与え、
  そのことがさらにストレスを生み出してしまうこともあります。


チェック うつになる可能性があります


影響




過活動膀胱の正体はいったい何?

過活動膀胱の原因は、実はたくさん考えられます。

過活動膀胱の可能性があるのは、検査をしても病気が見つからない場合や、
原因と思われた病気を治療しても症状が 改善しない時に多いのです。



過活動膀胱の主な原因

病気

・糖尿病、脳卒中の後遺症、脊髄の病気、認知症、パーキンソン病

筋力の低下 ・骨盤底筋のゆるみ

その他 ・上記以外の何らかの原因で膀胱の神経が過敏にはたらいてしまう場合や、原因が特定できない場合もあります。いくつかの原因が複雑にからみあっていると考えられています。

その問題を解決するためには、この「自分でできる排尿トラブル総合プログラム」があります。





過活動膀胱は、先ほども述べたように、一番悩みが強くて
生活を脅かすものです。

もう一つ重要な症状があります。






女性の尿漏れで一番多い 『腹圧性尿失禁』



この腹圧性尿失禁は、妊婦さん出産直後のママたち腹圧性尿失禁の70%が経験してます。
さらに、40代以上の女性は、筋力の衰えとホルモン量が減りだすこのころから、この咳やくしゃみで尿が漏れるという症状が起こりやすくなります。


骨盤臓器脱


放っておくと内臓が落ちてくる可能性があります。

              腹圧性尿失禁


尿漏れの初期の段階は『ちょい漏れ』程度で、これは、骨盤底筋のゆるみやホルモンの減少、タバコや体重の増加などで起こりやすいです。ちょい漏れの状態が年々増え、漏れる量も多くなるということは、骨盤の底を支えている骨盤底筋が、どんどんゆるくなっていると考えられます。


 尿漏れを放っておくとどうなるのかご存知ですか?

 骨盤の中の臓器が落ちてくる可能性があるんですよ!

骨盤臓器脱



なぜならば、骨盤の中の臓器とは、膀胱・子宮・直腸があって、
それを支えているのが骨盤底筋だからです。

尿漏れは、もともと骨盤底筋群の緩みが原因なので、骨盤の底が緩くなり、
骨盤の中の内臓が外に出てしまうのです。

この内臓が出てくる病気が「骨盤臓器脱」です。

これは、60歳以降におこりやすいと言われていますが、
今は 40代以降と弱年齢化しています。

症状としては、「股に何か挟まった感じがする」とか「尿漏れする」などです。

また、ひどく下がってくると痛みが伴うこともあります。

 ひどくなると、手術になる場合があります。

もし、股の間に何か挟まった感じがするなどの症状がありましたら、注意です!

手術するまでの症状になる前に、骨盤底筋トレーニングを始めましょう。

過活動膀胱や、腹圧性尿失禁には、骨盤底筋トレーニングが有効です。

この骨盤底筋トレーニングは、正しい方法を行うことで 短期間での改善へと導かれます。

排尿トラブルの症状には、人それぞれ個人差があります。


過活動膀胱には、

チェック 尿漏れする人


チェック 尿漏れしない人


腹圧性尿失禁には、

チェック 急な尿意に我慢できずに漏れてしまう人


チェック お腹に力が入っただけで漏れてしまう人


などいろいろな症状の方がいらっしゃるので、
あなたの症状に合う改善法をこのプログラムの中で選んでいただければ、
あなたの尿漏れの症状は大幅に改善され、
心身共に健全な体に改善されます。



トイレが近い(過活動膀胱)・尿漏れ(尿失禁)改善対策


本プログラムを作るきっかけは、
尿もれ・過活動膀胱は恥ずかしいし、治療ができるかどうかも、
どこに行けばよいのかもわからず、 病院には行かずに悩んでいるという言葉を多く聞いた からでした。

関口先生の10年間で約何万人もの患者さんの、 尿もれや・過活動膀胱を改善されてきた方法を 「自分でできる排尿トラブル 総合プログラム」 として完成させ、クリニックに来られている方以外の方にも、お伝えしたいと思いました。

この教材は関口先生の20年間の経験だけではなく、
多くの患者さんの経験の積み重ねの集大成です。


病院に行くことを躊躇されている方も、ぜひ、お手にとっていただき、 尿もれ・過活動膀胱(過活動膀胱)から解放されるための、 第一歩を踏み出されてみて下さい。

--------------------------------------------------------------------

おしっこが近い(頻尿)・尿漏れ(尿失禁)改善対策

日本では、女性の尿漏れや過活動膀胱に関して、海外に比べてかなり遅れています。

2002年パリで開催された国際尿禁制学会(ICS)で認められた新しい病名で、専門的な改善法をおこなえる病院は少ないです。

数が少ないとはいえ、体操を教えられている病院もあります。
しかし、そんなすでに教えている病院からも、DVDの内容が良いと
レベルアップのため、ご活用いただいています。


病院での治療については、尿漏れや、頻尿、過活動膀胱(かかつどうぼうこう)などは、泌尿器科に行くと、個人にあった内服薬が処方されます。

初期のころは、薬で症状が改善されることがあります。

また、お医者さんに行っても、「神経質になりすぎです」とだけ言われて、薬と体操のパンフレットを貰うだけというケースがあると聞きます。

薬やパンフレットで改善される方は、それでいいですよね。

しかし、薬では改善されない方もいらっしゃいます。根本的な改善法が必要になってきます。
これまで述べてきたように、尿漏れを引き起こしている筋肉と生活習慣の見直しをすることが改善できる方法なのです。

このDVDは、これらのことが全て入っているということで、
医師の先生方も内容がいいとご活用していただいているのです。



この『自分でできる排尿トラブル総合プログラム』は、
薬では解決できない、尿トラブルを引き起こしている筋力のゆるみと生活習慣を見直すをことで、 ご自身の力で悩みを解消します。


本来、尿トラブルは正しい改善法を知っていれば、
ほとんど自分で解消させることができるのです。

この事実を知らないから、まだ誤解している人も多く、
「尿漏れやトイレが近くなるのは歳のせいかなぁ?」という
今までの常識に問題があるからなのです。

トイレのことを考えすぎずに、膀胱の働きとその働きを補助する筋肉や神経のバランスを整えることで、今まで治らなかった尿漏れや頻尿が回復するのです。

このバランスを整える方法を知り、実践するということは、
今後歳をとっていっても尿トラブルを起こしにくくなるということです。


     おしっこが近い(過活動膀胱)・尿漏れ(尿失禁)改善対策
あなたも、この先、歳を気にせず尿トラブルを起こさない生活を送りませんか?

「解消させたい気持ちはあるけど・・」
たしかに、自分にもできるのかな・・と不安に思うかもしれません。

しかし、ご安心ください。

これまでに多くの方を良くしてきた自分でできる排尿トラブル総合プログラムをお伝えいたします。
この自分でできる排尿トラブル総合プログラムは何も難しいことはありません。
誰にでもできる簡単な方法です。
おおまかに言うと、3つのことをしていただくだけです。

    おしっこが近い(過活動膀胱)・尿漏れ(尿失禁)改善対策

これだけのことを実践していただくだけで・・
気づいたら尿漏れの症状が解消されているのを実感することでしょう。

それは、今までとは違って、
暗くて消極的で家に引きこもり気味だったあなたが、
「あれ~、いつの間にか明るく楽しく友達と談笑してる~」
と実感しているかもしれません。




     おしっこが近い(過活動膀胱)・尿漏れ(尿失禁)改善対策

「具体的にどうすればいいのでしょうか?」

おしっこが近い(過活動膀胱)・尿漏れ(尿失禁)改善対策

プログラム1

プログラム3

プログラム2

プログラム4

プログラム5

プログラム6

以上のことを気軽に生活に取り入れていただければ、
あなたの排尿トラブルの症状は自然に解消し、
かつての何もなかった状態のあなたへと戻ることができます。

          おしっこが近い(過活動膀胱)・尿漏れ(尿失禁)改善対策

もう予防でつけていた毎日のナプキンはいりません。
突然やってくる尿意や、漏れてしまった後の臭いに悩むこともなくなり
不安のない快適な生活を送れるようになるのです。


解消させる3つの理由



理由①「ながら運動」でできる簡単な方法だから、
   無理なくできるということ。


これまでにもお伝えしてきましたが、難しい知識や難しい方法は一切ありません。

どんなに仕事や家事で忙しく時間がない、という方でも1日の中での、
少しの空き時間で、出来てしまう方法です。

「絶対に尿漏れを治すんだ!」と肩ひじはるのではなく、本当に気軽に
書籍と映像に沿って進めていただければ問題ありません。



理由②関口先生が、女性の様々な問題を治療し、
    多くの方が効果を実感された
   「20年の実績」ある方法であるということ。


関口先生が、泌尿器科に携わってきた20年間の間に、何万人もの方を診てこられました。 著書からもわかるように、この改善してきた成果を、さらに同じ悩みをかかえられている方にも、改善策をお伝えしようと活動されています。

関口先生の実績の改善法だからこそ、安心して取り組んでいただけます。


理由③今までの骨盤底筋体操とは違う、
   「効果的な方法」だということ。



これまでに、骨盤底筋体操は、インターネット等でも色々紹介されていますが、その場合は成果が5割に満たないと聞いています。

もし、あなたもその中の一人だとしたらご安心ください。

関口先生のクリニックで行っている「自分でできる排尿トラブル総合プログラム」は、世間一般的に言われている尿トラブル解消法と比べて、自分に合った改善法を、より意識してトレーニングを行うので、症状の変化が実感しやすく、非常に効果的です。

一見無料の体操に似ていると思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、多くの病院や医大などでも活用されるほど、今注目の根本から尿トラブルを改善する方法です。これまで他の方法を試してみて、尿漏れが治らなかった、トイレの回数が減らないといって、どうか諦めないでください。



この自分でできる排尿トラブル総合プログラムだけは、あなたの辛い、尿漏れを解放することが出来ますから。

       おしっこが近い(過活動膀胱)・尿漏れ(尿失禁)改善対策

このプログラムは・・・

チェック 薬も飲まないで、病院に行かずに自宅で尿漏れを
  解決できる改善法です。


チェック 病院で行われている安全な改善法です。


病院に行くと、初診料・治療費・検査費・薬代・交通費・通院費がかかったり、
さらに病院に行く手間、わずらわしい待ち時間などを考えると、
経済的にも時間的にも余裕を持つことができると思いませんか?

仕事や家事が忙しく、時間が取れないあなたでも、
自宅でゆっくり改善法に取り組んでいただけます。

また、専門の治療を受けたくても地方で受けられなかった多くの悩める女性にも
専門の改善法で尿漏れという悩みから解放してもらいたい。

そう思い特別価格にてご提供させて頂くことにしました。



このプログラムは、上記の医者に行く手間暇や時間を全て換算すると、
20,000円以上の価値があると思いますが、
後で述べるアフターサービスの相談の件もあるので、
無制限というにはいきません。

なので、最初の200名様に限り、特別価格13,600円(税込)で、
お分けいたします。

今後、またたくさん増えてくれば、対応のこともあるので、
価格が変わるかもしれません。どうぞその点は、ご了承ください。


自分でできる排尿トラブル総合プログラムはこちらから
         ↓ ↓ ↓

 おしっこが近い(頻尿)・尿漏れ(尿失禁)改善対策

  おしっこが近い(過活動膀胱)・尿漏れ(尿失禁)改善対策

  おしっこが近い(過活動膀胱)・尿漏れ(尿失禁)改善対策

      電話注文は土日祝がお休みです。

トイレが近い(過活動膀胱)・尿漏れ(尿失禁)改善対策


    家族に知られたくないとお悩みの方が多いので、
    中身が分からないようにお送りします

●お届けは、無地のダンボールです。
●品名の欄には、中身が気になるような、「DVD・本・教材・衣服」など、どんなものを買ったんだろうと家族に思われる品名は書きません。●届いてもそんなに怪しまれないように、「日用品」という記載をさせていただいています。差出人は、あなたの友人的に「岡田個人名」でお送りいたします。お家にとどいて、万が一家族に中身を聞かれても、「岡田という友達から古着が届いたのよ」など、ごまかしが聞くと思います。●外見からは「排尿トラブル総合プログラム」であることは、わからないようにしています。●クロネコヤマトで配送しますので、ご自宅に届いてほしくないという方は、お近くのクロネコヤマト集荷場の局止めも可能です。その際は、info★hin-nyou.com(★をアットマークに変えてください)まで、購入者様のお名前とご住所、どこの局止めにするかをお知らせください。●電話でも対応します。<br/>090-9989-8031の岡田までご連絡ください。

               ※病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。

他では手に入りにくい下記特典を
無料でプレゼントします。
 

簡単セルフお灸
簡単セルフお灸

自分で簡単にできるよう、鍼灸師が教えています

お灸を試したことがありますか?お灸は、東洋医学のツボを刺激し、あらゆる体の不調を解消してくれる役割があります。

お灸は、「なんとなく面倒な感じがする!」「熱そうだし、跡形も付きそうで・・・」など、お灸を試していない方が多いです。
しかし、お灸は不調な内臓を刺激しますので、お灸を行った後、症状が良くなったということが多々あります。

そこで、同じクリニック内で行われているお灸療法で、関口先生の鍼灸師である妹さんが、尿トラブルに有効的なツボを教えていただき、自宅で簡単にお灸療法ができるよう教えていただいています。
内容は、テキストに多くの写真で説明し、またDVDにも収録していますので、DVDを見ながらマネをしてお灸を試してみて下さい。
お試しもぐさ5個付属
お灸は、市販で購入できるお灸で解説しています。お灸療法をすぐに始められるように、お灸を5個おまけしました。ライターは付属しておりませんので、100円のライターなどをお使いいただき、お灸療法をお試しください)


購入者限定サイトの案内



皆さんもテレビ等でご存じでしょうが、ダイエットにもレコーディングダイエットという成果を出しやすいダイエット法がありますよね。

排尿日誌・食事日誌・排尿カッププレゼント


このレコーディングダイエットの特徴は、何かといいますと、
「何を食べたのかを記録」するというものです。

この「記録する」ということが、成果につながるという有効な手段です。
「記録して成果を実感する」という方法は、尿トラブルで悩んでいる方にとっても、
同じように成果を出しやすい方法なのです。
実際に、病院に行くとこの「記録する」ことを勧められます。

なので、今回クリニックで検査することと、同じように自宅で教材が届いたらすぐに検査ができるようにと、この排尿日誌と食事日誌、さらに検査用の排尿カップを付属しました。
調べ方や使い方は、テキストと動画で説明をしていますので、ご安心ください。

排尿カップが変わりました。


購入者専用の相談サイトの案内

購入者専用の相談サイト


今回ご購入いただく皆様へ
クリニックの方針は教材を購入して頂いて終わりではなく、ここからが始まりです。
私は別にテキストやDVDは販売したい訳ではありません。


毎日のトイレの事で悩まれている方を手助けしたいのです。

なので、これをご縁に出来る限りの協力をさせて頂きます。
テキストやDVDを御覧・実践になって不明な点、トレーニング法、お悩みなど、
ご相談をお受けいたします。


サポート期間:ご購入日から90日以内

サポート回数制限:無制限
サポートの連絡方法:info★hin-nyou.com(★をアットマークに変えてください)【女性の自分でできる排尿トラブル総合プログラム 事務局】
※メールのみのサポートとなります。



よくある質問:Q

     おしっこが近い(過活動膀胱)・尿漏れ(尿失禁)改善対策



歳は何歳でもできますか?


A:   はい、出来ます。
病院で推奨されている体操は、70歳代の方など年配の方にも、やる気さえあれば、充分に継続でき、改善されたという報告が来ています。



症状の改善が見られるのはいつごろでしょうか?


A:   早い方であれば、2~3週間で効果を実感していただける方もいらっしゃいます。
残念ながら短期間で劇的に改善するものではありません。ご本人の骨盤底筋の状態とどの程度練習を継続していただけるかによって、大きく異なるからです。ただ多くの場合は2~3か月継続したころから、変化を実感できる方が多いようです。
つまりプログラムを初めて2か月以上は必要であることと、継続して日々トレーニングを行っていただくことが必要となります。



出産後ですが、総合プログラムを実践しても大丈夫ですか?


A:   産後1か月は、母親の体が元の体に戻ろうとしている時期です。
大切な時期ですので、産後1か月を過ぎたのち、赤ちゃんの1か月検診に際に、
行ってもよいかかかりつけの医師にご相談ください。一般的には、授乳されている期間は、変化が出にくい時期でもあるので、焦らずにじっくりと開始してください。



今すぐ、くすりの服用をやめたいのですがどうでしょうか?


A:   本プログラムは長期間をかけて、
徐々にその方の尿もれ・排尿トラブルをなくし快適な生活を過ごしてもらう方法です。薬は飲まないでくださいという教材ではありません。
薬とトレーニングを併用することでより効果がある場合、薬なしでトレーニング効果が出る場合など、個人差があります。
もし今、現在お薬を服用されているのであればかかりつけ医とも相談をしながら、
薬の量や強さを下げられるようにしていかれたらと思います。



別途費用がかかることはありませんか?


A:   別途の費用は一切かかりません。
この教材のご購入費用のみで、即、実践いただけます。おまけに、無料で個別相談のメール相談もできます。



今すぐ、くすりの服用をやめたいのですがどうでしょうか?


A:症状がひどく、生活をすることに多大な影響がある方は、この総合プログラムだけでは 充分ではありません。まず、自分なりに実践してみて、それから、泌尿器科を受診ください。 薬以外にも治療法はいろいろあります。 日帰りの手術という方法も一つの手段です。
海外の最先端医療では、日々行われている、リスクの少ない新しい手術もあります。 日本では、行われている病院が限られていますが、当クリニックでは、導入しており、 アメリカの学会誌にも取り上げられるほどの実績があります。
気軽にご相談ください。



家族には知られたくないのですが、どのような形で商品が届きますか?


A:   レターパックでのお届けです。
内容物の欄には、「書籍」という記載をさせていただいています。
郵便で配送しますので、ご自宅に届いてほしくないという方は、お近くの郵便局集荷場の局止めも可能です。その際は、info★hin-nyou.com(★をアットマークに変えてください)まで、購入者様のお名前とご住所、どこの局止めにするかをお知らせください。電話でも対応します。

090-9989-8031までご連絡ください。

トイレが近い(過活動膀胱)・尿漏れ(尿失禁)改善対策

実践者の声


病院は最後の手段!と思えました。

     大阪府 O様
     尚、御本人様の意向とプライバシイ保護の観点から写真はモザイクで
     公開させて頂きます



     実践者の声


●プログラムを行う前の症状

頻尿(以前数日間回数を数えたところ、冬だったこともあり、平均12~13回ほどでした)で、たまに間に合わず漏れてしまうこともあります。また、くしゃみや咳でちょこっと漏れることも。

●プログラムをおこなった後の症状

プログラムを始めてからまだ日が浅いので回数に関してはそんなに減ってはいないのですが、食事内容もあわせて振り返ることで、これを飲むと近くなるなって飲み物を発見しました。

今までは頻尿をどうにかしたくても何をしていいのかわからず、病院に行くしかないのかなぁって思ってました。プログラムをやることで、何をしたらいいのかわかるし、何に気を付ければいいのか自分で発見できたり、病院は最後の手段!と思えました。

また、続けることで自分の力で改善できるんだって思ってます。

               ※病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。



間に合わないということはなくなりました

     北海道 AK様
     尚、御本人様の意向とプライバシイ保護の観点から写真はモザイクで
     公開させて頂きます



     実践者の声


●プログラムを行う前の症状

プログラムを行う前は、トイレが近く間に合わないことも。

●プログラムをおこなった後の症状

トレーニングを始めて二週間ほどになります。 トイレの回数はあまり変わりませんが、間に合わないということはなくなりました。 これからも続けていこうと思います。 関元・中極へのお灸も冷え性の私には気持ちが良くて気に入って毎日行っています。

               ※病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。



育児や家事をしながらできるトレーニングで助かりました


     東京都 S様 30代
     尚、御本人様の意向とプライバシイ保護の観点から写真はモザイクで
     公開させて頂きます

     実践者の声


   お喜びの声

   二人の子供を出産後、尿漏れで悩んでおりました。最初は、「そのうちおさまるだろう・・・」と思いあまり気にしていませんでしたが、産後1年経過してもおさまらず悩んでおりました。病院に行くのも、恥ずかしい気持ちもあり悩んでいた際に、偶然この「自分でできる排尿トラブル克服プログラム」に出会いました。見た瞬間、これなら自分で好きな時にできる!と思いすぐに購入させていただきました。DVDを見て、すぐにトレーニングをはじめました。このプログラムのいいところは、日常生活の中でも取り入れられるトレーニング方法も紹介されているところです。育児や家事をしながらトレーニングができるので、毎日の生活の中に取り入れやすいので助かっております。また、食事日誌と排尿日誌をつけていくことにより、今まで自分で気が付いていなかった生活習慣も見えてきました。現在は、トレーニングを少しずつ進めおかげさまでよい方向に向かっております。これからもこのプログラムを楽しみながら続けていき、完全克服を目指して頑張っていきます。本当にありがとうございました。

               ※病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。



トレーニング後、2.3日でトイレに行く回数から変化が現れました

     滋賀県 KM様 

     実践者の声

    以前はパットが欠かせなく、何度もトイレに行っていた私が、トレーニン     グ後、2.3日でトイレに行く回数から変化が現れてきました。まだパット     は心配で手放せないけれど、パットを汚す回数が格段に減りました。病院     にも行きましたが、薬を飲み続けるのがいやで、また体操もやり方が悪い     のかあまり効果が無かったけれど、ビデオで丁寧に教えて頂いた通り実施     した結果、本当にすぐに結果が出始めました。これからも、さぼらず体操     を続け、パットから解放される日を夢見て頑張ります。本当に思い切って     購入してよかったと思います。ありがとうございます。これからも頑張り     ます。


               ※病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。



   立ち上がった瞬間からの強い尿意が解消しました

     大阪府 T・M様 40代 直接お話しいただきました。

     実践者の声

     20年以上前から、頻尿で悩んでいました。
     仕事は、デスクワークで座っていることがほとんどです。
     座っている間は、何もないのですが、立ち上がった瞬間に、
     強い尿意を感じてすぐにトイレへ直行していました。

     この強い尿意と、頻尿がつらくて外出してもまずトイレのことを優先
     に考えてしまいます。
     また、旅行に行っても、旅行内容によっては、友人と別行動になること
     もあります。
     トイレの間隔は、午前中が一番トイレの回数が多くて、1時間に1回、
     または30分に1回でした。
     頻繁にトイレに行くからか、おしっこの量は少ないです。
     すっきり感がありません。
     3年前に、社内の健康診断で血尿があり再検査となりました。
     自宅近くの泌尿器科へ行き、問診や検査の結果過活動膀胱と診断されま
     した。
     そこでは、薬と小さな運動のパンフレットもらいました。
     薬は飲みきって終わったのですが、運動は少し見て試してみましたが
     効果がよくわからないので、すぐにやめてしまいました。
     血尿はその後ないのですが、相変わらず頻尿と強い尿意の切迫感は、
     変わりません。
     たまたま知人から骨盤底筋トレーニングの話を聞き、すぐに購入して
     始めました。
     DVDは、理学療法士の先生の説明がわかりやすく、
     真似をしながらトレーニングを開始。
     歯を磨いている時、歯医者での待ち時間の間、通勤の途中途中、
     お風呂の中、夜寝る前など生活の合間合間に肛門をしめるトレーニング
     を行いました。
     服を着ている時より、お風呂で肛門を動かすことがわかりにくかったで
     すが、とにかく毎日継続してみました。
     約1か月経って、よくなったと思うことは、座っている間に尿意を感じ
     るようになったのです。
     トレーニングを開始する前は、座っている時に尿意を感じないので、
     立ち上がった瞬間に切迫感のある尿意に襲われていたようです。
     今は、尿意を感じながらも、
     少し時間が経ってからトイレに行けるようになったのが大きな変化で
     す。

     トイレに行く時間をコントロールできることで、トイレの回数が減り、
     尿量が増えて膀胱のすっきり感を感じるようになりました。
     悲しいのは、尿意で立てない時があいかわらず何度かあるということで
     す。
     1か月半が過ぎたころには、午前中のトイレに行く時間は、
     1~3時間と間が空くようになり、便秘が解消されるようになりました。
     1週間は便秘が続くことが当たり前でしたが、3日に1回は、確実に出て
     います。
     頻尿と便秘が解消することで、外出に自信がついてきています。
     (直接お話しいただきました)


               ※病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。



 入浴の後、何の前ぶれもなく、いつもチョロチョロと
 勝手に漏れてたのがなくなりました

     岐阜県 K様 30代



     実践者の声


     出産後から、入浴の後、体をふいていると何の前ぶれもなく、
    水がいつもチョロチョロと勝手に漏れてしまっていました

    下着をはいてから水が出てくると、もう一度新しい下着に変えるときがみ
    じめで、悲しかったです。
    どうすれば、この水が出てこないようになるのかと、調べていると腟から
    出ていて、骨盤の筋肉が弱っているからだとわかりました。
    この骨盤底筋トレーニングを購入してから始めてから1か月足らずで、
    水が出なくなりました。
    下着をぬらさないという自身がつき、とてもうれしいです。
    ありがとうございました。


               ※病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。




実際にトレーニングを併せて行いましたが、骨盤底筋が確実に動いている・効いている感じがしました。

     理学療法士 M N様



     実践者の声


実践者の声

               ※病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。



  トレーニングを受けて、非常に良かったです。
   手術せずに過ごせています

     神奈川県 56歳 M・O様



     実践者の声


     以前から陰部の違和感と尿もれがあり不快な生活を
     送っていました。

     トレーニングを受ける前までは、
     尿もれに対して手術を受けようかと思っていましたが、
     現在はもう手術は行わず、様子を見れるようになりました。
     トレーニング自体、親切で丁寧に教えていただけるので、
     安心して取り組めています。


               ※病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。




   1年以上悩んでいた尿漏れが改善されました

     神奈川県 78歳 N・S様



     実践者の声


     尿もれが非常に多くて大変な思いを1年以上してきました。
     骨盤底トレーニングセンターのトレーニングを受けて非常に良かったで
     す。
     1か月に1回のトレーニングの経過を報告するために通院していますが、
     現在は尿もれの量も回数も少なくなりました。


               ※病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。




   トイレの回数が減りました

     大阪府 47歳 T様



     実践者の声


     メタボ検診で、ウエストが3センチ細くなっていました。
     トレーニングを始めてから、1か月を過ぎたころから
     ウエストに変化が出てきたのを感じていました。

     過活動膀胱の方は、突然の尿意に不安がありましたが、
     少しずつ解消されています。
     トイレの回数を、自分でコントロールできるようになってきたので、
     1日のトイレの回数がへりました。



               ※病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。



  強い尿意から解放されました・・・

     滋賀県 43歳 O・R様
     お電話でコメントをいただきました。



     実践者の声


     職場の検診で、血尿が出て泌尿器科に行ったところ膀胱炎でした。

     トイレは昔から近かったので、頻繁にといれに行っていたの
     ですが、膀胱炎をきっかけにさらに急な尿意に襲われるように
     なりました。

     膀胱炎の治療は終わっていたのですが、あまりにも強い尿意がつら
     かったので、思い切ってもう一度同じ泌尿器科に行きました。
     すると過活動膀胱と言われ薬を飲み始めたんですが、一向に良くなら
     なかったのです。
     このプログラムをインターネットで知ったとき、本当に改善できるか
     なと思ったのですが、薬以外にトレーニングでよくなるのならと半信
     半疑で始めました。
     始めてから1か月ぐらいたった時ぐらいから、強い尿意がおさまって
     きて、仕事場でもトイレに行く回数が減ったので、接客の時も楽にな
     りました。
     始めてよかったです。ありがとうございました。


               ※病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。


自分でできる排尿トラブル総合プログラムはこちらから
   ↓ ↓ ↓

 おしっこが近い(頻尿)・尿漏れ(尿失禁)改善対策

  おしっこが近い(過活動膀胱)・尿漏れ(尿失禁)改善対策

  おしっこが近い(過活動膀胱)・尿漏れ(尿失禁)改善対策

      電話注文は土日祝がお休みです。

トイレが近い(過活動膀胱)・尿漏れ(尿失禁)改善対策


    家族に知られたくないとお悩みの方が多いので、
    中身が分からないようにお送りします

●お届けは、無地のダンボールです。
●品名の欄には、中身が気になるような、「DVD・本・教材・衣服」など、どんなものを買ったんだろうと家族に思われる品名は書きません。●届いてもそんなに怪しまれないように、「日用品」という記載をさせていただいています。差出人は、あなたの友人的に「岡田個人名」でお送りいたします。お家にとどいて、万が一家族に中身を聞かれても、「岡田という友達から古着が届いたのよ」など、ごまかしが聞くと思います。●外見からは「排尿トラブル総合プログラム」であることは、わからないようにしています。●クロネコヤマトで配送しますので、ご自宅に届いてほしくないという方は、お近くのクロネコヤマト集荷場の局止めも可能です。その際は、info★hin-nyou.com(★をアットマークに変えてください)まで、購入者様のお名前とご住所、どこの局止めにするかをお知らせください。●電話でも対応します。<br/>090-9989-8031の岡田までご連絡ください。

トイレが近い(過活動膀胱)・尿漏れ(尿失禁)改善対策

    ※決済は、各種クレジットカード(分割払い可) 、コンビニ決済、
     ビットキャッシュ、銀行・郵便振込み(分割払い可) がご利用可能です。
    ※お客様の個人情報は暗号化されますので、安全に送信されます。


▲トップに戻る▲

過活動膀胱(トイレが近い)・尿もれ(尿失禁)


トップページ


喜びの声


よくある質問


ご購入方法


電話・Faxでのご購入


返金保証について


販売者について


特定商法取引法


プライバシーポリシー